まちぼうけの日々

まちぼうけて2代目。

東京インディーフェス行ってきて色々と感化を受けたおはなし

また期間が空いてしまったよ。
絶対見返した時に「この空白の時期は一体何をやっていたんだ・・・」と自問しそうな気がする。


ここ三週間くらいはわりとイベント充してた気がする。4月末にM3、5月頭にコミティアと。
初めてな、でもなんか久々な。とりあえず昔の自分から少し成長して意識的に外にでるようになったかなあと思う。


で、今日は東京インディーフェスに行ってきた。
こういうゲーム系イベントは二度目。前回がTGSだったしね。
あんまり大きなイベント事に、もっと言えば特定のジャンルやカテゴリにスポットを当てたものへは進んで行こうという気になったことはないんだけど、
単純に「面白そう」なのと「吸収しなきゃなあ」の2つが被ったから行ってみようかなという気持ちになったんだと思う。
あとゲーム自体嫌いではないしね。昔はよくフリーゲームとかやってたし。


2時間半くらいぶらぶら見ながら試遊したりしてたけど、一番強く感じたのは
「アマチュアとインディーズとプロの境目がどんどん薄くなってきてる」
かな。
わかりやすく例えるなら、昨今の(ボーカロイドが一番わかり易い)音楽とかか。


つい10年ほど前はやっぱりしっかりとした物を作るだけでもかなりのコストや技術力が必要だったりしてたし、その中でじっくりと考え抜かれた作品がなんだかんだ脚光を浴びてたような、そんな気がする。
ただここ5年あたりで急激にハードやソフトの高性能化と安価化が進んでしまってるわけだし、これからは本当にアイディア勝負が肝心になってくるんだなあと感じた。
特に積み木感覚でプログラミングするScratchとかを見るともはや極限まで行ってるなあなんて思うし。ましてやこういったのを学んでいった上で、小学生がインターネット上で自由に発表しているなんていうくらいだから、本当にどうなってくのかが見えてこない。
だからこそ、飛び抜けてウケたアイディアが模倣されてゆくのもある意味出来上がった土俵であるから安心してマネタイズが出来るっていうのがあるのかもしれないですね。


あとは海外からの出展も多かった。
Twitchとかライブ配信でインタビューしてたし、Unityは中央にでかでかとブースを立てて使用された作品のPVを流しながら最新バージョンの宣伝をしてたりしてた。
実際に本社のスタッフぽい人とちょっと話したりもしたけど、日本でのコミュニティを重要視して広げていきたいと熱く語っててかなり本気なんだなあと。


そんな中、中国韓国台湾と近隣国からの出展もあったけど、とにかく絵柄が萌えを意識してる感じだった。
実際に話してみても「こうしたほうが日本人にすごく受け入れてくれるんですよー。何よりかわいいは正義ですからね」と言うくらいに意識してる。
ちょっと前まではゴテゴテの3Dポリゴンに、肉付きのいい男女や人外・・・今だとまさしくクラッシュ・オブ・クランとかみたいなグラフィックが主軸だった感じだけど、
今はどんどん平面に少々の装飾や着飾りをして、目はくりっとしてはにかむ姿にきゅんきゅんしそうなくらいかわいい女の子が出てくるような作品が増えてきてる状態だった。
ただ動きは洋ゲーぽい大胆でアクロバティックな感じが残ってた。60か120FPSを最大限に活用したぬるぬるしたアニメーション。
多分ボーンなんだろうけど結構精密に作ってるからまるでいちいちアニメーションを組んでるのかというくらいに。
日本の萌え文化ってすごいなあと関心しながら遊んでましたね。はい。




なんだかんだいって行ってよかったなと思えたし、なにより「今こういうのが流行りなんだ」とか「いいなあ」とかその程度の気持ちだけでも湧いてきた分、自分の制作物にも反映していかなきゃなと思えたりもしたのでなるべくアウトプットにも専念したいところですね。

続きを読む

厄歳になった

24歳になった。


特に年齢を隠しているわけではないけど、ネットサーフィンをしていると生年を隠してる人がまだ多くて妙に安心してしまうのは
やっぱりゼロ年代をインターネットに費やしていたのもあるのだろうか。と、ふと思ったり。
こういう「書かなければ!」と思うような時が来ない限り日記なんて書かないのももったいなと思いつつ、近況くらいは残しておこうなと。


先月、ようやく新しい会社に入社した。
同じくWeb開発ということでエンジニア枠で入ることは出来たけど、今は全く開発なんて出来ない状況下にいる。
新宿渋谷とかあっちでワイワイ楽しみながらアジャイルを行ってるような人たちを見てしまったのもあって、すごくつらいなあと。
ちなみに今日までコードを一行も書いてない。書いたのはExcelでひたすら文章とグラフと罫線を引くだけ。
まあ早い段階で変わるぽいけど今は耐え時か。おみくじでは仕事運が「耐えろ(意訳)」だったので今が山なんだなと思うことにする。


あとは地味に曲も作ったりしてます。
給与という目に見えたものが入ってしまうと人間すぐに使いたくなってしまうものなのね。
いいようにプラグインを買ってしまった。
本来なら新型iMacを待っていたんだけど、デスクトップ版broadwellが早くても今年秋冬になるとかいう記事をいくつも見かけたので、もうれちなでいっかなって。
kontaktライブラリ用に外部ssdとか考えてしめて40万。さらに机掃除しなければならないけど。


明日から4月ですね。果たして私はどうなっているのでしょうか。


ちなみに音楽とか開発とかそのあたりのお話ははてなブログの方で書いていくよ。
これも最初はとりあえずID押さえておくか的な考えで取ったけど、放置はさすがに勿体無いかなと思って備忘録として使っていきます。

結局何をしていきたいのかと今でも悩む。

最近インフラ系統の面接や会社に行って話を聞いたりしてる。
確かに自宅サーバーは弄ったりするし、黒画面でLinuxいじるのは嫌いし、
そう考えるとサーバー構築等々のインフラ系の仕事は決して苦ではなさそうだけど、
でもコードガガリ書いてるほうが正直期間としては長いし、落ち着くんだよね。


やっぱり「プログラマ」としての職を選んだほうがいいのかなー。

Podcast配信サービス、始めました。

PodTrunk - 番組配信を、もっと手軽に。 -


前に作ったTmPodTmBoxをスクレイビングしてPodcast化するのに対して、
今回作ったのは完全に音声ファイルのアップローダーみたいなものです。


端的に言うと、

  • seesaaとかケロログを使って無く
  • 特設サイトにMP3とYoutube/niconicoのプレイヤーがぽつんと置かれているだけな所を基本的に対象として
  • 音モノは基本iTunesで管理したいし
  • VPSの容量がちょっと余ってるので有効活用したい

といったエゴで気分転換も兼ねて半年強くらいコード書いてました。


何が出来るかというと、

  • twitter認証でアカウントを作って、MP3/AAC/WAV/AIFの登録が出来る
  • 3段階のMP3VBR変換機能を持たせたのでアップロードの段階で音質に迷ったらサーバーサイドで行える
  • XMLの自動生成ができるのでiTunesで管理できる

です。


元々音楽を聞きながら作業を行っていたのと、根っからのラジオっ子でもあったので
作業中は結構耳に音を入れるようにはしてるし、電車に乗ってる時とかも消化してるという使い方をしてる。
Podcast自体ができた頃はまだ有名所の配信局(大手民放ラジオ等)が多かったけど、
手軽に録音・配信できるようになった今ではバラエティ豊かに様々な人が配信を行ってるかなと感じで。
個人的にはニコニコ生放送よりかは肌が合うかなー。


ただ、配信しているグループがそれこそ有名所だったり、上に書いたようなサービスを使って無く、
ニコニコ動画Youtubeに上げているだけの作品って、結構digらないと見つけられないし、「そこまでしなくてもいっか」と思ってしまうのも正直な所。
あとは単純に製作者側が「どこに上げればいいのか分からない」といった点も改善できたらいいなという思いで立ち上げました。


仕組みとしては初期のsmilevideoぽいのを意識した感じで、だいたい2GBのスペースがあれば「1回30~60分番組 x 1クール(12回)」程度の配信が出来るだろうという考えです。
まだ立ち上げたばかりだしとりあえずは反響次第ということもあるので、ひとまずドメインの寿命が尽きるあたりまでは続けてみようかなと。



ちなみに私が今よく聞いているPodcast

ですかね。このあたりのお話はまた後日。

2014年総括的な

丁度ビックサイト横の展望エリアでこの日記を書きはじめました。
そう、年末なのに冬コミ行ってました。しかも一緒に並ばないかと誘われて冬ではおそらく初めての始発で。
とてもつらかった。


2014年、今年は2013年以上に身辺、ネット共々大きく変わった年だったと思う。
特に4月に初めて自分でサークルとしてM3に参加したこと。そして9月に祖母が亡くなったこと。


上半期はとりあえずソチオリンピック見てたと思う。
特に母親の影響もあってフィギュアスケートを生で見てた。羽生選手すごいね。
母親は浅田選手の時と同じくジュニア時代から目をつけてて色々と見てたみたいなので、結構見る目があるんだなと。
ちなみに当の本人は生中継中はほとんど寝て私だけがずっと見てました。ラフマニノフ、良かったね・・・。



4月に入ってから初めてサークルとしてM3に参加してみたりしてました。
それまでずっとネット上で公開しているだけだったけれども、やっぱり一度くらいは実際に物販経験もしてみないとなという気持ちで。
実際行ってみるとディスプレイの装飾やら在庫や金銭管理等で結構勉強することが多々あったけど、何より実際に手にとってくれる人と直に話ができるというのが一番の経験になったかなと。
ただそんなに売れなかたので、現在もここで通販中です☆


夏はおおよそ3ヶ月程企業インターンに所属しながら、夏コミ行ってたくらいな印象しかない。
そこまで大きな事とか無かったしね。
あ、 id:odoro に呼ばれてアナと雪の女王見てきました。字幕版だったけど大変よろしいミュージカルアニメだった。
ただレリゴー乱用はいい加減飽きるのでやめていただきたいところ。


で、忘れもしない9月30日。祖母が無くなった。
数子前の記事でも書いたけど、おばあちゃん子だったので衝撃は大きかったけど、泣きはしなかった。
何か、人はやがて死ぬし、ただのものになるし、まあどこか見えない所に居るんでしょう的なぼんやりとした悟りが渦巻いていて。
それでも唯一の後悔としては、祖母が退院した今年の頭から亡くなるまでずっとビデオ撮影しておけばよかったかなと。
確かに祖母はこの世界、この場所に生きていたという記録として。



そして12月、仕事をやめて1年経った。
就職活動を続けてもめぐり合わせがなく、どこも技術不足とかで落とされる。
祖父母2人が死んだという現実をたてつづけに見てきた今、両親のことも心配しなければならないし、その逆もされている。
2015年は厄年になるし、あまり気にした事が無かったけど厄祓いに行きたいですね。
佐野厄除け大師のCMを見ると年末感という重圧に押しつぶされる現象に会ってしまったし。
あとはベイマックスを公開2日目の日に見に行ったくらいかな。グレンラガン見たこと無いけど沢山例えとして上がってて「ああそういうアニメなんだなあ」と。
とにかく熱かった。そして広告のやり方はあながち間違ってなかったなと見終わって改めて認識するくらいには2つの意味があったのだなと。


ということで、本年度もありがとうございました。
来年こそはさらなる飛躍を目指していきたいですね。特に本格的に音楽制作始めて5年目になるし。


それではまた来年もお会いしましょう。

インターネットと向き合ってきた記録と将来について 【「子供」×「ネット」 Advent Calendar 2014 24日目】

id:mcddx30です。
この記事は、「子供」×「ネット」 Advent Calendar 2014 24日目の記事です。


id:Pasta-K くんが技術以外のアドベントカレンダーに参加しているのを見て、
まだ登録が可能(12/4現在)だったので初めてのアドベントとして参加してみました。

過去ログの通り、日記を書こうにも何を書こうかと悩んだ結果結局書かないという状態を繰り返してるので、
いい機会なので今回はわりと赤裸々に今まで私がどうインターネットと向き合ってきたのかを書き出していきます。

ちなみに最近文章もGit管理すると便利とかいう記事をいくつか見つけ、調子に乗ってGistで管理してたらスパム認定を受けて一時期編集できなくなりました。
ページがすぐに変わらないからといって更新ボタンを連打するのはやめましょう。
https://gist.github.com/mcddx330/3e506db736cb8b2351a7

続きを読む

祖母が亡くなってから一週間程経った。


9/30に祖母が亡くなった。87歳だった。
丁度上のツイートは連絡を受け取ってから速攻向かって、目の前で静かに寝ている様な姿を見ながら投稿したやつです。


つい三ヶ月ほど前に腰の不調を訴えて精密検査をした結果、もう血管やら何やらが重症すぎて要入院との事だった。
それから亡くなる当日まで、寝たきりとはいえ意識はあるし私の名を呼んでは職は見つかったのかと聞くくらいには心配されてた。
あ、前日にちょっと意識障害が起きてたんだっけか。その時病院に行けなかったのがちょっと心残りかな。


元々あまり泣いたりしないので、式や火葬場でもそれなりの態度で応対してたんだけど、従兄弟姉妹やその母親はわんわん泣いていたなあと。
正直ああいう空気がすごく苦手なのでってのもあるけど、あれが普通なのかなとも同時に思うし、多分向こうからしても
「あんなに深く接してくれてたのに涙一つ流さないなんて」
なんて思われてたのかしらね。


ただ個人的に心配なのは、式が終わってから今日まで、それまでつきっきりだった母親が魂が抜けたかのようにぐったりして、
何事もしたくないだのもういいやとやりきった感じの事を言ったりしてるのが気になる。
原作を読んだことはないけど、あしたのジョーにおける矢吹丈の「真っ白な灰になった」的なアレはこういう事なのかとちょっと思ったり。


という事でいつも年賀状を送ってきて頂いてた人へ、今年も喪中でお願いします。